next YAWA information
SUIKA presents

「スイカ夜話」 第10夜

2007年4月14日(土)

@AOYAMA月見ル君想フ
http://www.moonromantic.com/

open 18:30 / start 19:00
前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000

会場で別途ドリンク代500円を頂戴します。


◆ GUEST ◆

A Hundred Birds Sextet
http://www.ahundredbirds.com/
Drums & Percussions : Katsuhiro Idomoto
Percussions : Isao Wasano
Bass : Katsuki Nakajima
Guiter : Shigeki Tamura
Piano : Chizuru Ohmae
Keyboards : Kaztake Takeuchi


DJ YOKU
http://www.ahbproduction.com/
SUIKA主催イベント「スイカ夜話」に、
SUIKAリーダーのタケウチカズタケが参加するA Hundred Birdsがやってくる!
4/13に恵比寿リキッドルームにて総勢30名による豪華オーケストラ編成ライブを行うAHBが、
翌日の夜話には6人編成の 「A Hundred Birds Sextet」として登場。
変幻自在のAHBならではの2days。さらにDJにはAHBリーダーのDJ YOKU氏を迎えるという、
SUIKAにしかできないスペシャルな一夜。SUIKA vs AHB、ついに実現する夢の共演、必見!
present
◎ご来場の方全員に、SUIKAオリジナル缶バッジをプレゼント!毎回デザインが変わります。

◎さらに、前売りチケットをお買い上げの方には、「SUIKA rare REMIXES」CDRをプレゼント!ここでしか手に入らない非売品、とにかくレア!もらわにゃ損です。(ライブ当日、CDR配布場所にて前売りチケットをご提示ください。)
ticket
前売りチケット絶賛発売中!購入方法は以下の三通りです。

◆ローソンチケット・・・Lコード:37181   http://www2.lawsonticket.com/

◆ライブ会場店頭・・・月見ル君想フ TEL:03-5474-8115(16:00〜22:00)  http://www.moonromantic.com/

◆suikawebにてメール予約・・・suika@suikaweb.com


【重要】メール予約方法の変更について
suikawebにてメールで受け付けている前売り予約について、これまでは、ライブ当日に会場にてお支払いという形をとってきましたが、今回から、事前にチケット代を指定口座にお振り込みいただくことになりました。少しでもスムーズに、来ていただいたすべてのお客様に確実にご入場いただけるように、と考えた結果です。皆様にはお手数をおかけすることになりますが、どうぞご理解ご協力をお願いいたします!
ご予約の方法は、まずはお名前と人数をご明記の上メールをお送りください。数日以内にこちらから振込先を記したメールを送信いたします。お振込をこちらで確認後、チケットの受け取り方法と予約番号をメールにてご案内いたします。なお、大変申し訳ありませんが振り込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。
A Hundred Birds profile



http://www.ahundredbirds.com/
DJ YOKUが'1996年大阪にて結成。1997年、Green Finger feat.Sugami"Try"(Styling Records)でリミキサーとしてデビューし、1999年には、初のオリジナル12inch EP "Sun That Shine"(Styling Records)をリリース。そして2000年10月、Francois Kevorkian主宰のレーベル、Wave Musicから、Angelique Kidjoのカバー"Batonga"を、続いて同じくWave Musicレーベルから、Aztec Mysticの名作"Knight of the Jaguar"のカバー"JAGUAR"をリリースし、Francois KのMix CD “Live at Sonar”では、クライマックスを飾る1曲としてプレイされるなど、秀逸な作品として話題を呼んだ。Wave Musicからは、もう1作品リリースしており、Batongaに続く、オリエンタルかつワールドミュージック、もしくは、和製ハウスミュージックとも言える”Georgia”もリリースしており、AHB独自のオリジナル生サウンドスケープを醸し出している。AHBは中心的メンバーを元に、流動的、連鎖的にその編成を変化させ、毎年クリスマスに行われる「Dance Music meets Orchestral unit on Christmas」ではダンスミュージックの名曲を30人編成のオーケストラで生演奏するという迫力あるライブステージを繰り広げる。DJ YOKU自身がタクトを振り、DJ的な感性で生楽器を操り、ツインドラム・ツインベースでMIX感を重視したライブ演奏を展開している。
2005年2月、A Hundred Birdsとしてのファーストフルアルバム『Fly From The Tree』(GUT/FORLIFE MUSIC ENTERTAINMENT.INC)を、2005年12月にはミニアルバム『In The Sky』をリリース。また最近ではRemix Workも多く、Ameの大代表曲"Rej"のREMIXをDEFECTED(UK)からリリースするなど 国内外問わず、AHB節を発揮。2006年7月にはFuji Rock Festival、8月にはRising Sun Rock Festivalに出演。今年3月14日セカンドアルバム『TO THE EdEN』(GUT/FORLIFE MUSICENTERTAINMENT.INC)をリリースする。
DJ YOKU profile
1989年から、大阪をベースにDJを開始。'93年から2年間渡英し、その活動範囲を拡大する。帰国後、関西での音楽活動を勢力的に再開。現在、レギュラーパーティ6本、USENでのDJミックスショーを3番組手掛ける等、現場の時間を大切に持ち続けながらDJ活動を続ける。また、年に1回13時間セットのDJマラソンにも挑戦し続けており、DJ道の奥深さや感動を与えてくれるパーティを展開。国内だけではなく、海外のDJツアーも定期的に行っており、2003年7月、3度目のイギリスツアーを敢行。
そして、自身のユニット、A HUNDRED BIRDSでのプロダクションワークでも彼の才が発揮されており、WAVE MUSIC(US/NY)からリリースされた"BATONGA" "GEROGIA"はAHB独自のオリジナル生サウンドスケープを醸し出している。2003 年秋には、またもやWAVE MUSICからURが手掛けた名作"Knight of the Jaguar"のカバー"JAGUAR"12INCH EPをリリース。また同ユニットが、毎年クリスマスに行うSpecial Liveでは、HOUSE〜GARAGE〜TECHNOの名曲を30人編成Orchestraによるライブステージを繰り広げる現代版Salsoul Orchestraを目指すが如く、実験的なライブ活動も行っている。2004年末には初のMix CD『Irma Italo house and...DISCO』(Irma Record)を、そして2005年2月にはA Hundred Birdとしての、待望の初アルバム『Fly From The Tree』を、同年12月にはニューアルバム『In The Sky』をリリース。そして2007年3月にセカンド・アルバム『TO THE EdEN』リリースする。YOKUそしてA Hundred Birdsの動向にはこれからも目が離せない。

http://www.ahbproduction.com/
see you soon!

http://www.suikaweb.com/